注目キーワード
  1. 江原啓之
  2. おと語り
  3. 格言
  4. 著書

【江原啓之おと語り】2022年8月28日『ハッピーメール特集』

・笑顔はどんな困難も払いのけます。
・嫌なことがあったら大いに笑いましょう。

はじめに

夏休みも間もなく終わり。今年はどんな夏休みを過ごされましたか?
今年の8月も色々ありましたね。良いことが色々ではなく、なんだか不安なことの詰め合わせだったような感じがします。今日は暑気払いのネガティブ払いをしていきましょう!
月の終わりは恒例の『オモシロ&ハッピーメール』をご紹介し共に学んでゆきたいと思います。

百貨店勤めの時の笑い話

お便り1:
昨年、野生の本能で生きる夫の、猿との闘いの投稿を読んでいただいたときは本当に嬉しかったです!過去放送を聞きながら、家事、庭作業を楽しくさせていただいております。お便りできるネタはないかなぁと思いながらの作業中、江原さん大好物の言い間違いの回の放送。お腹抱えて笑っていたところ、そうだ!!と、私に笑いの神様が降臨してきたのです!破壊力抜群のネタがありました!百貨店の販売員時代の友人の話です。毎年1月初売りの福袋。お店によって様々だと思いますが、当時は12月に入ると福袋用の商品と袋が本社より送られてきて、それをバックヤードで袋に詰める作業があります。とにかく小売りの12月は忙しく、福袋用の商品が、段ボールで何箱も送られてきました。段ボールが届いたことをショップの店長に報告し、指示を仰がなくてはいけません。そこで友人は、慌ただしい店内にいる店長に向かって、大きな声で「店長!!玉袋が届きましたけど、どうしますか!!」店長は、自分の耳を疑うかのような声と顔で「玉袋!?玉袋が届いたのか!?!?」と…。言い間違いに気が付いて赤面。そして自分で笑いが止まらなくなった彼女。しばらくの間、店長から玉袋ちゃんと呼ばれてしまったのは致し方ないことですね。やっぱり笑いの王道は下ネタですよね。下ネタは世界を救う。日本が、世界が、平和になりますように。
A.江原さん
なんで福袋が玉袋になったのかなぁ…(笑)!?下ネタよりも、天然というのが一番面白いんですよね。大体言い間違えの人たちというのは、天然ですからね。それがやっぱりいいんですね。

その時はムッと来ましたが…

お便り2:
おのろけメールです。私の夫は大我です。産後こう言っていました。「俺は家族を養う責任がある。寝不足で機械に手を挟まれてはいけない。だから赤ちゃんの世話は出来ない。しっかり寝る。そのかわり俺の飯も洗濯もせず、ロボット掃除機でも何でも、買って楽をして欲しい」。聞いた時はムカつきましたが(笑)、今では納得、大賛成です。こうも言っていました。「やっぱママが明るくないと。笑ってることが家庭のすべてだと思う。誰が不幸になるって子どもだよ。笑うためなら子どもとバンバンお出かけして来てよ。亭主はそのために働いてるんだ。お土産話で充分だよ」。江原さんみたいなことをいつも言っている夫です。
A.江原さん
私はそんなこと言わないですけどね(笑)。でもユーモアがある!「機械に手を挟まれてはいけない。寝ないといけないから」と、それだけではなく「ロボット掃除機でも何でも、買って楽をして欲しい」なんて、なかなか大我。ただ、このご主人の会話って、よくよく考えないと理解できない語り口調ですね(笑)

言い間違いネタに笑

お便り3:
毎週『おと語り』楽しみに聴かせていただいてます。いつも笑える話を聞いて、ウチもアルアル!と思い、メールさせていただきました。実家の両親が元気だった頃、横文字がよくわからなかったのか(今時の横文字が私も苦手です)、甥っ子たちが小さかった頃、母が「ほれほれミッキーハウスがね!」えっ!ミッキーマウス?それとも子ども服のミキハウス?どちらが言いたいの??父は“ドライブスルー”を“スカイブルー!”コーヒーについてくる小さなミルクフレッシュを「ほらほらそこにある“フラッシュ”取って!」えー!それを言うならフレッシュだよ!会話の中で「ドナルドマック!」えー?またまた、どっちのこと言いたいの?ドナルドダックなのかマクドナルドなのか??いつも賑やかでトンチンカンな両親でしたが、今はホームで静かに暮らしています。
A.江原さん
間違えているんじゃないんです。この方たちはそう思い込んでいるんです(笑)!この方たちにとっては、これが正しいんですね(笑)

クーラーと永眠の話

お便り4:
暑い夏、エアコンって有り難いなぁなんて考えていたら、ふと思い出した笑い話です。まだ両親が2人暮らしをしていた頃、夏の暑い日、夫と近くに来たからと実家へ寄りました。実家の母も歳を重ね、テキパキ動くこともなく、ゴロゴロしていて、私達夫婦が来ても起きることもなく母が「あー、クーラーのスイッチ、永眠変えてくれる!エイミンに!」と。一瞬、ん?と思いましたが、「お母さん、それ永眠じゃなくて睡眠モードのことでしょ!?笑うに笑えんわ。永眠してどーすんのよぉ!」そこにいたみんなで大爆笑した夏の思い出でした。
A.江原さん
永眠って…(笑)!あなたのお家、楽しそうですね。

夢と現実の狭間

お便り5:
お盆が近づき、妹と古くなった仏具を買い替えようかと話していたからか、1年前に亡くなった母の夢を見ました。母は台所で魚を捌いてました、私は母を手伝って、魚のハラワタを片付けていたのですが、そのハラワタがとても臭いと思いながら袋に入れていました。夢から覚めて「お母さんは亡くなったなぁ」と現実へ。でも臭いがある夢って珍しいと思いながら、以前に聴いた江原さんの話を思い出しました。私、もしかして寝ながら臭いオナラをしたのかなと、足元の扇風機を見て思いました。初メールなのに臭い話ですみません。オナラだけにプッと笑っていただけたら幸いです。
A.江原さん
こういうのって夢に影響するんですよね…(笑)。魚捌いていたって…。そういう魚のハラワタ的な臭いがしたのでしょうね。自前で(笑)!最高ですね!!

時代のスピード感じる話

お便り6:
江原さん、いつも母がお世話になっています。先日、面白いエピソードがありましたので、共有させてください。母から、表参道にあるカフェサンタを教えてもらい、気になった私はインスタグラムで調べました。その旨を伝えようと「インスタグラムでカフェサンタを見たよ!早速フォローしたよ!」と話したところ…、「何を助けてあげたの!?」との返答が。そうです。母は“フォロー”を“助ける”と脳内変換したのです。まさかの返答に、私はお腹を抱えるほど大爆笑。母はきょとんとした表情で固まっていました。そんなお茶目な母は、10月に開催予定の江原さんのコンサートに行くことを楽しみにしています。引き続き、母のサポートをよろしくお願いいたします。
A.江原さん
歌うときに思い出しちゃうじゃないですか(笑)!お母さんが私のフォローをして、私がお母さんのサポートをする。なるほど!
10月のコンサートは有難いことに完売なんです。でも考えてみたら4年ぶり。だからみなさん楽しみにしてくださって…。(今回は)しっとり曲がすごく多いですが、一曲だけ爆発的に笑えるような歌があります。きっとあなたのお母さまが大喜びしてくださる内容じゃないかなと思います。“フォロー”していただけたら幸いでございます。

オチのない夢の話と現実

お便り7:
私の先日の夢を聞いてくださったら嬉しいです。友達と三峰神社に行く約束をして、お祓い料をいくら包もうか迷っていました。「江原さんに電話して聞こうよ」となって電話しました。江原さん本人が出てくださって「そんなこと気にしなくていいのよ~あなたは大丈夫よ~。それよりあなた…ふふふっ」と意味ありげな笑いで電話が終わりました。一回そこで目が覚めて、えっ?何を言われそうだったんだろう?と気にしたら、続きの夢を見たのです。今度は江原さんが隣に座っていました。今度は言葉を聞き逃すまいと、江原さんの腕をしっかりと握りました。その方が伝わりやすいかなーと思ったからですが、その感触がリアルで毛の触感や体温も覚えています(笑)。そのとき、江原さんに言われた言葉が「だってあなたはね~ふふふっ自分でそれを呼んじゃってるわよね~」と、側にいた主人に目配せして笑っていたのです。そこで夢が終わりました。結局、肝心なオチが分からず、残ったのは毛の感触と体温だけでした(笑)。江原さーん、何を言いたかったのですか(笑)?直感でいいです。教えてください(笑)。それでは皆様、毎日良い夢を見られますように!
A.江原さん
ご主人を大事にしなさいということじゃないでしょうか。そんな気がします(笑)。その腕はご主人かもしれませんよ!

Dr.Recella

 

・笑顔はどんな困難も払いのけます。
・嫌なことがあったら大いに笑いましょう。
LINE登録で最新情報ゲット

LINEにてホームページ更新の最新情報を通知します。その他、登録者限定でプレゼント企画なども催す予定ですので、ぜひ以下のリンクよりLINEのチャンネル登録をお願いします。
友だち追加

最新情報をチェックしよう!
>ホームページの最新情報をLINE配信

ホームページの最新情報をLINE配信

ホームページ更新の最新情報をLINEやTwitterで通知します。その他、登録者限定でプレゼント企画なども催す予定です。ぜひ、以下のリンクよりLINEのチャンネル登録をお願いします。

CTR IMG