注目キーワード
  1. 江原啓之
  2. おと語り
  3. 格言
  4. 著書

【江原啓之おと語り】2022年4月24日『ハッピーメール』特集

・微笑むまで生きましょう。
・感謝の心は、幸せを呼び込みます。

はじめに

新入生、新入社員の方も新しい生活に慣れてきた頃でしょうか。
4月ももうすぐ終わりですね。冒頭の言葉にあったように、微笑む心で生きていくということは大切ですよね?
今日は『ハッピーメール』をご紹介します。

これって神様からのお告げ?

お便り1:
今回は、日常の些細なことなのですが、たまたまの偶然なのか、自分に何か能力があるのか(笑)?お聞きしたくメール致しました。普段から、街中のパーキングや、混んでいる飲食店など、最後の一つに当たり、ラッキーと思うことが多々あります。気分の良いときは、前を走っている車のナンバーが、家族か自分の誕生日ということもよくあります。最後のひとつ…に関しては、主人は私の逆で、主人が思いつくところへ行くと、だいたい満車、満席などが多く、一緒にいるとイライラします(笑)。「私ってすごくない?」と冗談でいうと、「たまたまだろう」と素っ気なく言われます。やはり、偶然が頻発しているだけなのでしょうか?それとも、無意識で“○○が空いているよ”と何か知らせを受け取っているんでしょうか?大変くだらない質問ですみません。
A.江原さん
きっと“○○が空いているよ”と、何かの知らせがあるんですね。人によってアウト!という人と、あ、ひとつ空いている…という人がいるみたいですが、私はどちらかというとアウトが多いかもしれません。でも、空いているところに行って、自分が入った後、絶対に満席になるということは多いんです。あなたにはお告げがあるんですね。これから自慢してくださいね。

気になっている近所のラーメン屋さんに行ってみたら…

お便り2:
家の近くの商店街に新しくできたラーメン屋があり、私はずっと美味しそう!と、気になっていました。主人も私も仕事がお休みだったので、そのラーメン屋に行くことに。主人は一人でそこのラーメンを食べたことがあったらしく「そういえばそこのラーメン屋、色々とうるさいんだよね(笑)」と言われ、恐る恐るお店に入りました。すると「いらっしゃいませー!お姉さん!!」と大きな声でスタッフさんがお出迎え。「こちらの席空いてますからねー!今日はご飯が無限大におかわりできますのでね!ご遠慮なくー!!」と元気いっぱいでずっとしゃべっているのです。カウンター内の店長さんらしき方に満面の笑みで「今、美味しいラーメン作ってますからね」と言われ、別のスタッフさんからは「お客様、エプロン装着しますか!?」と差し出され、どんどんツボにハマっていき、プルプル笑いをこらえる私に主人がニヤケながら目で訴えるのです。「ねっ!凄いでしょ(笑)」と。ラーメンが私達のテーブルの上に乗ると「ナイス、オーン!!」と店長のかけ声。ラーメンをすする間も店長がスタッフさんに「笑顔でいこーぜっっ!!」と場を盛り上げ、「○○ちゃん、今のいーねー!!」とスタッフさんを褒めている声。元気いっぱい笑顔で接客をする素敵なラーメン屋なのですが、笑ったら店員さんに失礼なことになってしまうので、美味しかったけどもう行けません!笑いを堪えるってとても難しいですね(笑)。
A.江原さん
これは笑いを堪えなくてもいいんじゃないかな(笑)。いっぱい笑った方が、きっとこういう店長さんはウケたと思って、すごく喜ぶと思うな。さすがに「ナイス、オーン!!」と言われたら…(笑)。私だったら堪えないでゲラゲラ笑って「ナイス、オーン!!」ときたら、「ナイス、キャーッチ!!」と言って受け取りますけどね(笑)。笑ってあげた方がいいと思うな。

大掃除・片づけをした結果…

お便り3:
私の実家は昔、ゴミ屋敷に近い状態でした。私自身も未熟で、掃除を母一人に押しつけていたと思います。テレビで「掃除をすれば運気UPですよ!」と江原さんが言っていたので、「よーし!やってみよう!」と心機一転。少しずつ掃除をしだしました。大掃除・片付けをし続けて13年、今では掃除が大好きになりました。家の中だけでなく、庭、納屋まで大掃除の手が伸び、ピカピカまでとはいきませんが、快適に過ごせるようになったと思います。嫌なことがあったら掃除、職場で愚痴を言ってしまったら花を植えるなど、花畑計画と称してやっていきました。掃除することで、家族の団欒の居場所ができ、笑顔が増えました。ご先祖様や家族の思い出の品が出てきたりと、幸せなサプライズもありました。気持ちも前向きになったと思います。掃除のお陰なのか、趣味の場で出会った素敵な方と結婚し、今は子どもも産まれ、週末は夫婦で実家に顔をみせに行っています。あのときに、江原さんの言葉に出会えて良かったと思います。本当にありがとうございました。まだまだ未熟者ですが、これからも少しずつ成長できるように頑張ります!
A.江原さん
すごい(鈴)!納屋を持っているお家。結構歴史ありますよね。そんじょ其処らの家と違って掃除が大変だと思う。きっとゴミ屋敷というよりも、古く歴史があると捨てるに捨てられない物がいっぱいあるのでしょう。それを整理するってすごいことだし、ご先祖様の家族の想い出の品などが出てきて感謝も出てきたりしますよね。ご先祖さまも喜ばれると思う。そういうことが幸せに結びついていっている。これはあなたの素晴らしさ。“掃除のできない人は、心の整理ができません”と私は言っているんです。誰しもムラはあると思いますが、散らかっているときというのは、心が散らかっているとき。整理すると、心も整理できる。悩み事などあるときは掃除をするといいんです。そうすると人生整理できちゃいますよ。リスナーのみなさんも実践してみてくださいね。今度は『お掃除をした後特集』をやりたいと思いますので、メールを寄せていただきたいと思います。

オープニングが脳裏から離れません(笑)

お便り4:
先日「癒やされる音楽が聴きたいな」と思い、エンヤの曲リストを流していたところ、the celtsの曲になった瞬間「これ、おと語りの曲だ!」と気付きました。そして、その曲が流れている間は、ずっと江原さんの格言と「みなさん、いかがお過ごしですか。おと語りの時間です」の言葉の脳内リピート(笑)。歌詞の和訳も調べてみたところ、永遠の命を歌っていて「歌詞の内容までおと語りだ!」と思いました。おと語りを聴いていて癒やされるのは、利他愛のお二人やリセラさんの思いの他、音楽や様々な要素が含まれていたからなのですね。これからも癒しのラジオを楽しみにしています!
A.江原さん
わかる!邪魔してすいません(笑)!!
あなたはこの番組のタイトル忘れてないかな。『おと語り』なんですよね。だから音楽の中にも意味を込めて“おとたま”“ことたま”で、それを届けているんです。エンヤさんにとっては迷惑かもしれません(笑)。でもオーラの泉のときからなので、協力しているんじゃないかな(笑)。エンヤさんは、なぜいつも日本から印税が入ってくるんだろうと思っているかもしれませんね。

先日読んで頂いた蕎麦屋です…

お便り5:
日は、たくさん寄せられるお便りの中から我々夫婦の拙いお便り(戸隠神社の松岡修造さんと手打そば屋の話)を紹介してくださり、本当にありがとうございました。とっても嬉しかったです!!我々は、静岡県西部・浜松市にて蕎麦屋(手打そば築)をしております。お忙しい身と存じますが、お時間が合いますときには是非、江原さんのご来店を心よりお待ちしております。お蕎麦大好きとのことですので、特盛りどうでしょう(笑)。県西部にも美味しいお蕎麦屋さんたくさんありますので、またご紹介させてください。江原さんのオススメのお蕎麦屋さんがございましたら教えてください!我々勉強を兼ねて伺いたいと思います!
A.江原さん
特盛やだな、2枚(笑)!特盛の重ね(笑)!?Dr.Recellaの協子さんも浜松のご出身ですよね。私の好きなお蕎麦屋さん…。私、みんな好きなんですよね。私は割と更科蕎麦が好き。東京だと麻布十番にある更科堀井。山梨県長坂にも蕎麦を食べに行くためだけに高速に乗って、蕎麦を訪ねて三千里です(笑)。そこは太打ち蕎麦で、ごんぶとなんです。田舎蕎麦、十割蕎麦、更科蕎麦…。一通りいきますね。蕎麦大好き!!重ねの特盛でよろしくお願い致します!!

Dr.Recella

 

・微笑むまで生きましょう。
・感謝の心は、幸せを呼び込みます。
LINE登録で最新情報ゲット

LINEにてホームページ更新の最新情報を通知します。その他、登録者限定でプレゼント企画なども催す予定ですので、ぜひ以下のリンクよりLINEのチャンネル登録をお願いします。
友だち追加

最新情報をチェックしよう!
>ホームページの最新情報をLINE配信

ホームページの最新情報をLINE配信

ホームページ更新の最新情報をLINEやTwitterで通知します。その他、登録者限定でプレゼント企画なども催す予定です。ぜひ、以下のリンクよりLINEのチャンネル登録をお願いします。

CTR IMG